心因性の早漏治療はカウンセリングや塗り薬で治療するので痛い早漏治療ではない

心因性の早漏とは何か

早漏には様々なタイプがあるが、今回は心因性早漏について説明します。
心因性早漏とは精神的なストレスが原因で射精までの時間が早くなる症状のことです。
多くの場合、過去の性行為ですぐに射精した経験から、「またすぐに射精してしまうのではないか」と考えてしまい、ストレスとなり、不安や緊張から興奮しやすくなり、射精の時間が早くなります。
心や体がストレスで緊張や不安を感じると、リラックスした状態に多いとされる脳内物質セロトニンが不足すると言われています。
また、性行為の経験が少ない、女性と接する機会がない、長い間性行為をしていない、家族と同居していてマスターベーションを早く終わらせているなどの原因もあります。
これらのストレスの要因を取り除いたり、少しでも不安や緊張を減らすことが必要になってきます。
専門的な知識が必要であり情報を自分で集めて実践する方が多いです。
そして、自分で解決しないときに治療を行います。

心因性早漏の治療法は痛いのか

心因性早漏の場合早漏治療を行う前に、性行為のときにリラックスできる環境を作ることが大切です。
お酒を飲める方なら適量のアルコールは心身をリラックスさせる効果があります。
お酒で勃起しづらくなる体質でしたら、ED治療薬を使ってみるといいでしょう。
効果的なのは、性行為をする前に、相手に自分が早漏であると伝えてしまうことです。
早漏を気にしない女性もいます。
それでも、効果が見られないときには、早漏治療が必要です。
早漏治療と聞くと、痛いのではないかと思われる方もいますが、心因性早漏の場合カウンセリングや塗り薬で治ることがあります。
心理的ストレスは、カウンセリングで徐々に取り除くことができます。
話を聞いてもらい根本的な解決になります。
そして、ED治療薬や塗り薬で早漏治療を行うことで自信を取り戻していき、段階を踏んで徐々に症状が回復します。
痛い思いをしたり、不安になったりすることはありません。

まとめ

早漏治療は痛い、不安などネガティブな印象を受けてしまいますが、実際はそうではないのです。
心因性早漏の場合自分がリラックスできる環境を整えたり、相手の女性と話し合ったりすることで状況は変わります。
それができなくても、カウンセリングや薬で痛い思いをすることなく、回復することができます。
心因性早漏で悩んでいる方は多くいます。
早期の早漏治療でより回復する可能性が高くなります。
勇気を出して早漏治療を行う病院に行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。