早漏治療が痛いと言われる理由は包茎などが関係

早漏治療が痛いのは包茎だから

早漏治療で男性器が痛いと感じることがありますが、多くの場合は包茎が原因です。
包茎だと亀頭が下着から摩擦を受けることが少なく、入浴時に包皮を剥いて洗う回数も少ないため、常に剥けている方と比べて敏感なため痛いと感じてしまいます。
また、包茎だと常に亀頭が包まれてい状態のため成長を妨げることになり、小さいまま神経だけ発達してしまうことも原因の1つです。
亀頭が成長してもしなくても神経は同じだけあるため、大きくなった時の方が鈍感になりますし、摩擦により表面が厚くなっていきます。
入浴時に体を洗う際、包皮を剥いてほかの部位と同じように洗ってみると腰が引けたり、びっくりしてしまうような痛みを感じる方は、早漏治療の際も同じような痛みを覚えるでしょう。
そのような思いをしたくない場合は自力で改善させるか、追加費用が掛かってしまいますが、地領の際に局所麻酔やクリーム麻酔をお願いすることをおすすめします。

包茎治療で痛い思いをしないために

早漏治療の際に局所麻酔やクリーム麻酔をお願いしなくても、一部の方を除いて自力で改善させる方法があります。
仮性包茎の方は自分の手で通常時や勃起時に関わらず包皮を剥いて亀頭を露出できるため、まずは気が付いたら剥くようにしてみましょう。
普段全くと言っていいほど亀頭を露出させることのない方は、下着と触れるだけで痛みを感じたり、くすぐったい思いをしたりすることが一般的ですが、毎日続けていくことで慣れていきます。
ある程度慣れたら入浴時に洗うようにし、日中でも剥く努力することがおすすめです。
仮性包茎に方は包皮が余っているだけなので、少し体制を変えたり動いたりするだけで包皮が戻ってしまうことがありますが、市販の矯正グッズを装着することで常に亀頭が露出した状態を維持できます。
きつく締め付けるわけではありませんし、矯正グッズを毎日洗っておけば病気の心配もありません。
心配な方は早漏治療を始める前に泌尿器科などに相談し、自分に合ったグッズを教えてもらいましょう。

まとめ

亀頭に注射したり薬剤を塗る早漏治療では、ある程度刺激に強くなっても痛みを感じることがありますが、それでも改善前よりははるかに感じることはありません。
包茎だから痛いだろうと思っていると時間だけが過ぎて行ってしまいますし、もっと早く刺激に慣れておけばよかったと後悔するくらいなら今から始めてみてはいかがでしょうか。
早漏治療は手軽ですが、半永久的なものはほとんどありませんし、それなりに費用が発生します。
ある程度慣れておけば、効果が切れても以前のようになることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。