早漏治療で包茎手術中は全身麻酔だが術後ダウンタイムに麻酔が切れて幹部が痛い

早漏治療でメスを入れると痛みを伴う

早漏治療には色々な方法があり、手術をする場合もあります。
それは主に男性器が敏感すぎて、性交渉の刺激に耐えられない時に選択されます。
男性器には部位ごとに受ける刺激の大きさが異なり、特に裏筋の部分は大量の刺激を受けやすいです。
そのため裏筋を手術によって取り除いてしまうと、男性器全体が受ける刺激を減らせて、早漏が改善される可能性があります。

ただ手術でデリケートな男性器の一部を切り取るということで、痛いのではないかと不安に思う人はいるでしょう。
確かに手術では、痛い思いをするかもしれません。
当然手術中は全身麻酔や局所麻酔を使用することによって、痛いと感じることはありません。
けれどその麻酔が切れた時に、痛みが発生する可能性は高いです。
男性器の一部にメスを入れる手術を行った場合、それ以降は身体の自然治癒力に任せる形となります。
その治癒が完了するまでの間は痛みが発生しても特におかしくはありません。

痛みが出るのは仕方ないこと

早漏治療で手術を行った際、最も痛いと感じるのは、麻酔が切れた直後です。
身体の中でも特に敏感な男性器を物理的に切り取るので、それは仕方のないことです。
痛いのは辛いかもしれませんが、特に異常な状態ではありません。
あくまでも身体が正常な状態に戻るための反応の一部で、数週間も経過すれば痛みは感じなくなります。

また早漏治療の手術で痛みを感じるのはよくあることなので、クリニックから痛み止めを処方してもらえるはずです。
その痛み止めを服用しながら、痛いのを我慢していると、やがては痛みは治まります。

痛みをなるべく感じないようにするためには、血流を促進させるようなことを避ける必要があります。
飲酒や激しい運動などがその代表例で、もしダウンタイムの間にしてしまうと、痛みが激しくなりかねません。
早漏治療をする際にクリニックでもそのことについてはしっかり説明されるはずなので、しっかりと話を聞いて、痛みを促進させないようにしましょう。

まとめ

早漏治療をする際に、痛みが気になる人は少なくないでしょう。
もちろん全ての早漏治療で痛い思いをするわけではありませんが、手術をするのであれば、痛みが発生する可能性はとても高いです。
身体にメスを入れる上に、それが身体の中でも敏感な性器なので避けるのは難しいです。
痛み止めを服用するという対策は可能ですが、それでも完全に痛みを抑えられるわけではありません。
もし痛みが不安な人は、クリニックにしっかり相談をしておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。